天仙液を語る会 お問合わせ
HOME天仙液公式ブログ天仙液Q&A天仙液の主な成分天仙系列製品紹介天仙液体験記入手方法お知らせ
天仙液体験記

●苦しめられた手術後の腹水があっというまに減少 リック・マーピン
私は、40歳前後から糖尿病に悩まされ、それこそ、あらゆる薬を試しました。そのうち肝臓も悪くなり始め人間ドックで再検査するようにと言われました。ところが、糖尿病の主治医は、「そのくらいのことは誰にでもあることですよ」と言うので、とりあえず再検査はせずに、そのままにしていました。

ところが、しばらくして症状が悪化し、C型肝炎で即入院することになったのです。インターフェロンの注射を毎日しているときは、ものすごい高熱に悩まされましたが、薬が合ったのか、入院はさほど長くはありませんでした。

しかし翌年、家族で旅行に行ったときに血便が出たのです。病院で検査したところ、大腸ガンと診断され、入院、即手術です。手術後、検査室において、大腸を。1.5cmほど切ったと言われ、それを見せられました。医師からは「残念ながら、早期発見ではありません」と言われました。

その後、1年くらいは会社勤めを続けましたが、疲れが残り、家でごろごろすることが多くなり、検査をしたところ肝臓ガンが見つかりました。入院し、化学療法をしばらく続けたあと、手術をしました。10時間以上の大手術でした。医師は、大腸ガンからの転移だと話してくれました。

手術後、腹水で苦しんでいるときに偶然に、新聞に載っていた記事で、天仙液のことを知り、さっそく娘が香港に注文を出してくれ、飲み始めました。

ところで、病院では利尿剤を使い腹水を出し、また数日後に2000ccの腹水を抜くという方法を繰り返していましたが、この方法だと、腹水と一緒にタンパク質も出てしまいます。そこで、器械で濾してタンパク質だけを点滴で体内に戻していましたが、これは保険が適用できるのが月2回だけで、あとは実費で1回につき2000ドルかかりました。しかも、「リンパ節に傷をつけてしまったかもしれないので、もう一度手術します」と、腹水を抜く治療をしているときに言われ、再度手術をしました。

その結果、リンパ節には異常がなかったものの、肝臓に白い粉のようにガンが転移しており、余命はあと数ヶ月と宣告されました。

そこで、天仙液の量を増やし、1日に6本ずつ飲むようにしました。そして数日後、体につながれている管が、白いつぶつぶの混じったもので詰まるようになったのです。どうしたのかと医師に閃くと、その答えを避けるように「家に帰りたければ帰っていい」と言うのです。このときは、正直もう駄目だと思いました。医師もつぶつぶの理由がわからなかったのです。

しかし、間もなく腹水が減少し始め手術をしました。腹部に刺さっていた数本の管を、数日ごとに1本ずつ抜くことができ、1ヵ月ほどですべて取れたのです。そして、約10ヵ月間の病院生活に別れを告げられました。

退院後は、ごく普通の人のように植木に水をやったり、孫を学校に送り迎えするなど、目覚ましい体力の回復ぶりで、これらはすべて天仙液のおかげだと思っています。
天仙液体験記トップへ

HOME天仙液の公式ブログ天仙液Q&A天仙液の主な成分天仙系列製品紹介天仙液体験記入手方法お知らせリンク
関連リンク|王振国 日本公式サイト天仙液公式webサイト天仙液の世界製造販売元天仙液・国際癌病康復協会 日本支部
   
©2007王振国日本事務所