天仙液を語る会 お問合わせ
HOME天仙液公式ブログ天仙液Q&A天仙液の主な成分天仙系列製品紹介天仙液体験記入手方法お知らせ
天仙液体験記

●「余命3ヵ月」の体から余命が消えた 堀口 保治
私はC型肝炎を患っていましたが、週1回、医師から強カネオミノファーゲンという薬を注射してもらう程度で、なんら日常生活に支障はありませんでした。

平日は仕事、休日は趣味の山岳写真と野菜づくり。また、体力維持にも積極的で、自宅近くのスポーツクラブで筋肉トレーニング、そしてウォーキング。冬山への登山にも挑んでおりました。

しかし、昨年6月ごろから体調がすぐれず、病院で検査してもらったところ、肝臓ガンと診断されました。しかも、ガンは門脈にまで及んでいるため、手術は不可能とのこと。抗ガン剤の効果も期待できないため、「余命3ヵ月」と宣告されたのです。

それでも、効果はそれほど期待できないが、一つだけ治療法があるとのこと。それは、久留米大学医学部で開発した治療法で、股のつけ根から管を通し、毎日6時間抗ガン剤を注入するものでしたが、とにかく、その治療を受けてみることにしたのです。

さて、ガンと告知されてから、妻も私もガン関連の本をたくさん読み、ガンに良いと聞けばさまざまな薬や健康食品を試していました。ちょうど先の治療を受けるために入院したころ、新聞で天仙液のことを知り、さっそく注文することにしたのです。「この際、やれることはすべてやりましょう」と妻は私を励ましてくれました。

正直に言うと、本に書かれていた体験談は、すべてが治癒したように書かれていたので、最初は半信半疑でした。しかし、治っているからこそ本にも登場しているわけですから、これは事実です。読めば読むほど、急に目の前が明るくなったような気がしました。そこで、医師に「どんな治療にもついていくから、現代医学を駆使して、何としても元気にしてください。もう一度、山に登れるようにしてください」とお願いしました。それと同時に1日に天仙液3〜4本、天仙丸3粒をずっと飲み続けたのです。
約1ヵ月後、治療を終え退院するころになると、回復の兆しが見えてきました。それからも2週間に1度通院し、検査と抗ガン剤投与を続けましたが、その間も天仙液と天仙丸を欠かしませんでした。

そのせいか、余命3ヶ月と言われた3ヶ月目も過ぎ、家族揃って正月を迎えることができました。ただ、やはり年齢のせいか、病に対する抵抗力と回復力がなくなってきたため、手術の痕が塞がらず、快適な生活は送れませんでしたが、それでも驚くべきことです。

今年の1月、埋め込んだ管を抜き収り、新たに埋め込む手術のため再度入院しました。造影剤を注入しながら私の肝臓を診た医師は、「こんな回復力を持った人はこれまでにいなかった」とのこと。この言葉を手術台の上で耳にした私は、「これは天仙液のおかげ」と確信したのです。

2月、エコー検査を受けたところ、ガンの姿はまったく見当たりませんでした。MRI、CTも受けてみましたが、ガンの兆候も見られません。

嬉しさで胸がいっぱいになりましたが、もともと肝臓を患っているため、血流が悪くなると静脈瘤ができやすいということでした。

しかし、今回のガン体験と天仙液の効果から私なりに仮説を立ててみました。
「天仙液による抗ガン作用は、肝臓の状態を良くする。つまり、血流も良好にするのだから、静脈瘤の発生も止めるであろう」
そして今、この仮説を立証すべく、天仙液を毎日服用しています。
ところで、全国で大勢の人がガンに冒され苦しんでいます。そんな患者さんたちに私は 声を大にして叫びたいのです。

「天仙液を飲んだらいかがですか!」と。

もちろん現代医学の治療と漢方薬との併用が良かったのかどうか、それは定かではありません。しかし、こうして私がガンを克服できたのは、この天仙液以外にないと確信しています。

天仙液は日本では薬品としては認可されていないようです。日本の役所の閉ざされた、事務的な医薬行政の「おざなり主義」を残念に思っています。それでも、家族、友人、知人で私のようにガンに苦しんでいる人がいたら、ぜひ天仙液を勧めてください。明るい未来が開けます。
天仙液体験記トップへ

HOME天仙液の公式ブログ天仙液Q&A天仙液の主な成分天仙系列製品紹介天仙液体験記入手方法お知らせリンク
関連リンク|王振国 日本公式サイト天仙液公式webサイト天仙液の世界製造販売元天仙液・国際癌病康復協会 日本支部
   
©2007王振国日本事務所