天仙液を語る会 お問合わせ
HOME天仙液公式ブログ天仙液Q&A天仙液の主な成分天仙系列製品紹介天仙液体験記入手方法お知らせ
天仙液体験記

●完治を目前にして! 久禮 文博
私の闘病生活(胃ガン、転移ガン)は2003年8月で7年目を迎えました。
そして、検査で確認されていたガンは全て『消滅』状態にあります。
けれども転移したガンから新たな場所へ再転移が予想されるので、現在はそのための治療に励んで居ます。
しかし、幸いにも再転移の兆候は全く確認されていません。

事の起こりは1997年7月です。検査の結果「相当進行中」との診断付で「胃ガン」を告知され、8月に手術を受けました。
そして、2年後には「腹部リンパ節」に転移(余命は半年から1年)を宣告されたのです。
治療的には「手術や放射線治療は不可」とのことでした。
正直に申して、転移を告知された時は、真剣に「死」を覚悟しました。
そこで、治療的には「天仙液の併用」で、『最悪の場合半年間という期限付きの命であるならば
「今」を楽しく気分良く生きて行こう。惨めな死に方だけは止めよう。』と心に誓いながら、グイッと、気持を前向きに押し出しました。

抗癌剤+久禮流元気療法+天仙液を開始してから3ヵ月後の検査で「縮小している」との診断がでたのです。
思わず感激で瞼が潤んだほどです。以来、順調に回復に向かいました。

私は天仙液を使うことに関して事前に主治医に報告していました。
今回の縮小効果が、「抗癌剤と天仙液の併用効果」か「抗癌剤だけの効果」か「天仙液だけの効果」
であるかは立場によって意見が分かれるところですが、私は素直な気分で「相乗効果である」と確信して居ます。

とにかく順調に回復してきたおかげで、その後において、不可となっていた放射線治療や手術までもが可能となったのです。
そして、放射線治療では「ガン細胞の石灰化」が確認され、その後、生き残りのガン細胞(一個)も手術で摘出が可能となり2003年2月に緊急手術で摘出しました。
但し、今回摘出した「生残り」から新たな場所へ「再転移」の危険性があるので、現在そのための治療を行って居ます。
最初のガン告知から6年が経過し、転移の告知から4年が経過しながらも「再転移」の兆候は全く確認されていません。
『完治』へと順調に突き進んでいます。

西洋医学的な治療法と東洋医学など、それぞれの治療法を最大限に活用できたことが、勝利(完治)への道筋を確実にさせてくれたのです。
更に、大切な要素として強調しておきたいことは、天下一品と自我自讃する「久禮流生きがい療法」も多大な役割を果たしてくれたことです。
つまり、一番肝心な患者自身の生命力を最大限に活性化できたことで、
抗癌剤などの薬効を高めるなど、ガン撃退の強力な武器となってその役割を果たすことができたことです。感激です。
叉、闘病記のホームページも立ち上げて居ます。インターネットを利用して、皆様と交流もできれば幸いです。

天仙液体験記トップへ

HOME天仙液の公式ブログ天仙液Q&A天仙液の主な成分天仙系列製品紹介天仙液体験記入手方法お知らせリンク
関連リンク|王振国 日本公式サイト天仙液公式webサイト天仙液の世界製造販売元天仙液・国際癌病康復協会 日本支部
   
©2007王振国日本事務所