天仙液を語る会 お問合わせ
HOME天仙液公式ブログ天仙液Q&A天仙液の主な成分天仙系列製品紹介天仙液体験記入手方法お知らせ


●「それみろ、天仙液の効果たるや、ざっとこの通りだ」 米田 厚彦
「どこにも異常ありませんね。これなら次の検査は6ヶ月先でいいでしょう。腫瘍マーカーもすっかり改善されましたから」
国立ガンセンター中央病院(東京・築地)の担当医の言葉を聞いて、私は内心、快哉を叫ぶ思い。そして自分にこう言い聞かせていました。「それみろ、天仙液の効果たるや、ざっとこの通りだ」と。
2つのマーカーは手術後3ヶ月の検査のときから正常値だったのですが、あとの1つ、CA125は95と高かった(正常値は35以下)。

4月中旬から天仙液を飲み始めたのですが、5月に受けた検査では42、7月の検査では33と下がって、ついに正常値内に収まっていた。だから、もうそんなに心配することはない、これなら2ヶ月おきだった検査を6ヶ月おきにしても構わないだろう、と言うのが医師の言葉の意味。私が天にも昇る思いでこの言葉を聞いた理由はこれです。
私はここ5年間に2度、ガンの手術を受けました。最初は1998年9月に大腸のS状結腸ガン、2度目が今年2月に転移性肺ガン。つまり最初の大腸ガンから4年たって、肺への転移が発見されたのです。

最初の手術から4年間は検査のたびに「異常なし」と言われ、私自身も「もうガンから逃げ切ったのではないか」という思いがあっただけに、転移の告知は青天の霹靂であり、ハンマーか何かで頭を殴られたようなショックを受けました。しかし、2度とも早期発見と言ってよく、いずれも手術だけで抗ガン剤や放射線治療などの必要は無かったのは不幸中の幸いでした。
肺の手術は、右下肺に3センチ大の転移が見られたため、肺1枚をそっくり切除したほか、左下肺の隅にも1センチ大の転移が見つかったため、こちらも一部を切除するというもの。5時間かかりました。

この5年間に受けた2度の手術で私の身体はすっかりやせ衰え、体力が落ちたことを自覚しました。それに「肺の手術ほど術後が辛いものはない」と周囲の人たちから聞かされていた通り、術後の身体の痛みたるや聞きしにまさるもの。退院から約1ヶ月半ほどは、寝ても起きていても胸と背中の激しい痛みから開放されることはなかったのです。

そこで私は、この痛みをなんとか和らげると同時に、体力を付ける方法はないものかと考えました。さらに私には「もう転移はごめんだ、肝臓や膵臓などへの転移は絶対に繰り返したくない」という強い思いもありました。「これらの条件を満たしてくれるもの、それは天仙液以外にはありえない」・・・・・私はそう結論付けました。

天仙液については私は以前から一応の知識がありました。私が勤務する新聞社(夕刊紙)では、かなり以前から他のマスコミに先駆けて天仙液を取り上げ、その著しい効果などを詳しく紹介していたからです。

服用は1日2本ずつ。すると半月後くらいから体調に変化がありました。胸と背中の痛みが和らぎだしたのです。気のせいか体力もぐんぐん付いてきた感じがして、3月末から職場復帰していた私にとって、仕事もそれほど辛く感じませんでした。それだけでも十分有り難い、との思いが強かったのですが、冒頭に記したように腫瘍マーカーの改善という新しい事実が加わったのです。そのことがどれだけ私にとって喜びであり、回復への自身と希望となっているか分かって頂けたと思います。今後も天仙液の服用を続けていくつもりでおります。
天仙液体験記トップへ

HOME天仙液の公式ブログ天仙液Q&A天仙液の主な成分天仙系列製品紹介天仙液体験記入手方法お知らせリンク
関連リンク|王振国 日本公式サイト天仙液公式webサイト天仙液の世界製造販売元天仙液・国際癌病康復協会 日本支部
   
©2007王振国日本事務所