天仙液を語る会 お問合わせ
HOME天仙液Q&A天仙液の主な成分天仙系列製品紹介天仙液体験記入手方法お知らせ

天仙液の主な成分

人参
人参
(にんじん)
冬虫夏草
冬虫夏草
(とうちゅうかそう)
霊芝
霊芝
(れいし)
エネルギー補充効果に優れている。長期間の服用でガンの発生率を下げ、ガンの成長を抑制することが判明している。
また、人参多糖類には肝臓の保護作用、生体の免疫機能の向上と変異を防ぐ作用を強化し、ガン細胞の成長を抑える機能がある。
免疫力を高めるジオクシテアデノシンやセレン、ポリサッカロイドが含まれているほか、抗炎症、抗ガン作用にある多糖体も含まれているため固形ガンや白血病などさまざまなガンに対する効果が確認されている。
βグルカンが免疫を活性化し、ガン細胞や炎症・アレルギーなどを抑制する。体内でビタミンDに変わり、カルシウムの吸収を高めるエルゴステロールが新生血管の増殖を阻害する。
黄蓍
黄蓍
(おうぎ)
白朮
白朮
(びゃくじゅつ)
山薬
山薬
(さんやく)
免疫増強作用があり、生体の病原微生物に対する免疫力を高めることが実証されている。黄蓍に含まれる糖質は、細胞組織のもつウイルスに対するインターフェロンの誘発を促し、ウイルスやガンの成長を抑制する作用がある。
免疫機能を高めることによりガン細胞を殺傷する力を増強し、化学療法や放射線療法によって減少した白血球を増加させる作用がある。臨床では主に放射線と化学療法による副作用防止に用いられる。
主成分のアルファでんぷんや、アミラーゼ、グリコシターゼには各種消化酵素が豊富に含まれている。コリン、サポニン、アルギニンなど特殊成分は、内蔵の機能を高め、精力を増強する。ビタミンB群はエネルギー代謝を高め、コリン、でんぷんなどの各種アミノ酸は体の細胞生成を促進する。
甘草
甘草
(かんぞう)
珍珠
珍珠
(ちんじゅ)
女貞子
女貞子
(にょていし)
主成分はグルチルリチン、他に甘草酸のカリウム、カルシウム塩、フラボン化合物等の成分が含まれている。抗炎症・抗アレルギー、ステロイドホルモン様作用・漢方では各生薬の作用を調和させるために調合することが多い。
炭酸カルシウム、有機物及び各種微量元素が含まれている。
フリーラジカルや酸化物質除去作用がある。
リンパ球の増殖を促し、放射線治療及び抗ガン剤治療による白血球減少を抑制する効果がある。
白花蛇舌草
白花蛇舌草
(びゃっかだぜつそう)
青黛
青黛
(ちんたい)
天花粉
天花粉
(てんかふん)
免疫過程における生体の防御機能を増強し、ガン巣の湿潤と転移を困難にし、再発を抑制する作用がある。生体免疫力を著しく増強して白血球の貪食機能を強める等液性免疫に対し増強作用がある。
単核マクロファージの貪食機能及び体液性免疫機能を高めることができる。
生体の免疫機能の向上によって抗ガン作用を発揮することができる。
デンプン、サポニン、タンパク質及び各種のアミノ酸等の成分が含まれている。
邪熱を排除し、気を補う作用がある。
我朮
我朮
(がじゅつ)
枸杞子
枸杞子
(くこし)
天南星
天南星
(てんなんしょう)
クルゼレノン、セデロン、クルジオン、フラボン配精体などの成分が含まれ、健胃、鎮痛などに応用される。同類生薬にウコンがある。
カロチノイド、ベタイン、リンレイ酸などの成分が含まれ、血圧降下、肝障害抑制などの薬理作用があり、滋養、強壮薬として応用される。
サポニン、デンプン、アミノ酸などの成分を含み、去痰、鎮静などの薬理作用があり、鎮痛、去痰、除湿薬として応用される。
半枝蓮
半枝蓮
(はんしれん)
猪苓
猪苓
(ちょれい)
 
フラボン類のスクテラレイン、スクテラリン、微量のアルカロイドの成分を含み、急性顆粒型白血病細胞抑制作用があり、解熱、解毒、鎮痛薬として応用される。
エルゴステロ−ル、多糖類、粗タンパク、無機塩及びビタミンH(ビオチン)等の成分が含まれ、臨床の観察から、抗ガン剤との併用により原発性胃ガンの改善が見られ、食欲が増して、細胞性免疫機能を著しく向上させた。
 

※生薬の効能に関しては、天仙液公式Webサイト等をご覧下さい。

<中医学と漢方理論>
中医学(漢方医学)は「証」を重視します。証とは、身体の状態全体に表面化している症状を総合的に診ることで、個別の症状のみに注目して対応するよりも、さらに多角的な対応を可能にするものです。

そして疾患を癒す要素を「正」、疾患を発生させるすべての要素を「邪」と呼びます。
天仙液は結果的に、漢方理論の証、正・邪の法則に基づいた、多面的に構成された複合漢方です。


行気理気 気の流れをスムーズにする
滞った血液をよくし、固まった古い血を溶かす
軟堅散結 しこりのような固いものを軟らかくして散らす
清熱解毒 こもっている熱、炎症を抑える
腫瘍によって体内に溜まった水質、代謝できないような水質を取り除く
腐った組織を排泄させ、新しいものを作る
益肝固腎 肝臓機能を助ける、賢の精を固め、肝に栄養を与える
補気養血 体のエネルギーを補い、血を養って増やす
調補陰陽 体のバランスを調整する
薬草の宝庫「長白山」の秘密
天仙液の故郷、長白山と薬草の秘密
長白山は北朝鮮では白頭山と呼ばれています。ここには広大な森林が辺りを占有し、この大自然の恩恵を受けた動植物は実に多種多様です。さらには、資源が大変豊富であり、古くから「資源の立体倉庫」と称されてきました。

薬草に関しては、世界有数の出産国である長白山で自生する薬草は約1,300種といわれており、“漢方薬の故郷”ともいわれています。現在ではこの長白山は、国家が管理しており、許可なしに薬草の採取はできません。

最近では、この山頂にある湖「天池」にて、吉林省林業庁の幹部が20頭の「怪獣」を遠方から目撃したとのニュースが話題となり、世間を騒がせたのは有名な話で、奇々怪々な珍事件でした。

ではここで、なぜ長白山の薬草が良質なのかを説明しましょう。

それには大変良質な土地と生育環境にあります。この辺りはかつて活火山で、長白山脈はその火口に位置しており、火山爆発が繰り返されました。その結果、山々に火山灰が降り積もり、長い年月を経て、土壌は火山特有の微粒元素や薬用価値の高い成分、さらには分析できないような神秘的な成分等で形成されてきたのです。

また冬が長く、深い雪が積もる閉ざされた極寒となり、反面夏が短い気候です。この冬の休眠期間が長い自然環境こそが、最高の薬草を育てる要因です。これら長白山の薬草ひとつひとつは、大変珍重されており、その効用のほどは絶大です。

この天池の水が長寿の秘訣…… 長白山には、天池と言う非常に清冽な水源があります。ここには水源にも多種に及ぶミネラルが含まれています。この天池の水を使用した醸造酒の中に、休眠状態で保存しておいた野生の朝鮮人参を入れておいたところ、なんと、野生朝鮮人参が発芽して再生したと言う話もあります。

これらのことに現地の人たちは別段、驚くこともなかったといいます。それもそのはず、実際、天池の水や朝鮮人参をいつも口にしている人たちは、他の地域の人たちよりはるかに長生きだからです。そのため、中国では“長寿村”として知られています。

“長寿村”の人々から見れば、長白山はどんな奇跡を起こしても不思議には感じないのでしょう。天仙液の成分はそのような大変良質な薬草から選び抜かれたものから生まれているのです。

天仙液の山頂にある天池の水が長寿村の秘訣
長白山には、天池と言う非常に清冽な水源があります。ここには水源にも多種に及ぶミネラルが含まれています。この天池の水を使用した醸造酒の中に、休眠状態で保存しておいた野生の朝鮮人参を入れておいたところ、なんと、野生朝鮮人参が発芽して再生したと言う話もあります。

これらのことに現地の人たちは別段、驚くこともなかったといいます。それもそのはず、実際、天池の水や朝鮮人参をいつも口にしている人たちは、他の地域の人たちよりはるかに長生きだからです。そのため、中国では“長寿村”として知られています。

“長寿村”の人々から見れば、長白山はどんな奇跡を起こしても不思議には感じないのでしょう。天仙液の成分はそのような大変良質な薬草から選び抜かれたものから生まれているのです。

薬草の宝庫「長白山」の生薬から生まれた天仙液
天仙液に配合される成分は、ほとんどが長白山で採取された貴重な生薬です。前述のように、長白山はかつて火山活動で頻繁に爆発を繰り返し、火山灰に覆われ、土質にはゲルマニウムやセレン、マンガン等20数種類の微量元素が含まれています。

これらの微量元素は、人体に欠かせない物質であり、体質改善、老化防止、疲労回復、ガンの予防等にも大変有効であるとされています。

さらに近年、天池の水とは別に、長白山の断層地帯から自然に湧き出した天然水に、採集後の朝鮮人参を漬け込んでおいたところ、朝鮮人参の新芽が出るという奇跡的な現象も見られました。

また、長白山周辺に住む人たちは長寿の人が多いことでも知られています。それは、長白山脈から湧き出した天然水のおかげだといわれています。こうしたことから、中国では長白山の天然水は“不老泉”とも呼ばれるほどです。

優れた水質と地質や気候風土によって、周辺の植物(薬草)の成長が早いことでも知られており、良質な薬草が育つ要因になっています。このように天仙液は、ほとんどが“薬草の宝庫”長白山から採取された生薬の成分から造られており、まさに天仙液は長白山から生まれた、ともいえるでしょう。

HOME天仙液の資料請求天仙液Q&A天仙液の主な成分天仙系列製品紹介天仙液体験記入手方法お知らせリンク
関連リンク|天仙液公式webサイト天仙液の世界製造販売元天仙液・国際癌病康復協会 日本支部
   
©2007王振国日本事務所